Categories
Uncategorized

hey imbox

もうずいぶん前のことになりますが、Gmailが登場したときの衝撃はいまでも忘れられません。, それまでは手元のメールアプリでしかメールを開くことができず、複数の端末での同期はもちろん、手元にダウンロードしていないメールの検索も面倒でした。, Gmailは当時としては膨大だった1GBの容量をオンラインで提供することによってこの問題をいっきょに解決したわけですが、当時ネットユーザーたちが招待コードを互いに送り合い、利用がしだいに広まっていったのを記憶しています。, そうした熱狂に似たものが、最近またメールの分野で起こっています。クラウド上のグループウェアの草分け的存在の “Basecamp” を開発した人々の手によって、新しいコンセプトのメールサービス “Hey” (ヘイ)がリリースされたことがおおきな話題になっているのです。, このサービスの課金モデルをめぐってAppleと一悶着あったせいもあり、“Hey” はいまもっとも注目を集めているウェブサービスになっています。そんな Hey のなにが新しいのか、利用する価値はあるのかについてみていきましょう。, いちばん大切な情報として理解しなければいけないのは、Hey はどんなメールアドレスでも使えるメールクライアントでは「ない」という点です。, Gmailと同様に、ユーザーは @hey.com のアドレスを取得し、それを新しいメインアドレスとして利用することになります。別のアドレスからメールを転送して利用することは可能ですが、送信時は現時点では @hey.com のアドレスからしかできません。, これだけでハードルが高いというひとも多いと思いますが、その投資によって得られるのはまったく新しいメール整理の体験です。, HeyにはWindows、macOS、Linuxだけでなく、iOS、Androidのクライアントがありますが、Gmailと同様にブラウザからも使用することができます。, メールが届くと、Heyではまず「スクリーニング」という手続きを最初に行います。初めてメールを送ってきた相手について、許可するなら「Yes」、しないなら「No」と選択すると、Heyはその設定を記憶して許可していないメールがそもそも受信箱に入らないようになる仕組みです。, Imbox: 人とのアクティブなやりとりで、返事をしたりといったアクションをとらないといけないものは「ImBox」(Important Boxの略で、受信箱 “Inbox"をもじった造語)に入ります。, Feed: 読むだけのメルマガやニュースレターやPRのメールは「Feed」に分けられます, Paper Trail: ECショップから届くレシートのメールや通知といった、読む必要もなく、届いてさえいればよいメールは「Paper Trail」(証拠書類のことを指す言葉)に入ります, Tumblrが投稿される情報を「テキスト」「写真」「引用」…と大別しているのに似ていますが、Heyはメールには本質的にこの3種類しかない という哲学に基づいてシステムの設計を行っているのです。, この選別は最初の15通ほどのメールでトレーニングしたあとは自動的に行われますが、あとで明示して覚えさせることも可能です。, こうして選別された3つの山には見た目も機能も違う UI がそれぞれ用意されています。, ImBox は伝統的なリスト形式になっていますが、サイドバーのようなよけいなものはありません。既読のメールは下半分の “Previously Seen” に入るので、対応していないメールだけが目に入ります。, すべてのメールの一覧をみるビューもありますが、Heyのワークフローを利用している限り、ほとんど使うことはないでしょう。, これに対して Feed は RSS リーダーやプログのように内容を途中までみることが可能で、スクロールするだけで興味のあるものを探せるようになっています。, Paper Trail は ImBox に似ていますが、そもそも読むためのメールではありませんので、既読管理すらありません。必要になったら検索すればいいという思想で設計されているのがわかります。, トレーニングがうまくなってくると、ImBoxには対応が必要なメールだけが浮上するようになりますが、ここでもアクションのとりかたに独自の考え方がにじんでいます。, アクションにはすぐに返信をする Replyと、あとで返信するための Reply-later、そしてメールを資料のようにとっておく Set Asideがあります。, 返信の必要があるものの、今すぐ取りかかれないメールは “Reply Later” に入れておきます。, “Reply Later” のメールはこのように、届いたメールを左に表示させておいたまま返信を書くことができます。セーブは自動で行われるのでよけいな保存ボタンのようなものはありません。, それに対して、あとで参照する必要のあるメールは “Set Aside” (横に取り分けておく、の意味)にいれます。Set Asideのメールはブックマークした記事のようになっていて、あとで呼び出すことができます。, 一対一のわかりやすいやりとりならいいのですが、メールが面倒になるのは複数の人のやり取りが錯綜したり、送り主の都合でメールのスレッドが分かれてしまったようなときです。, そうしたとき、Heyにはスレッドをまとめたり、流量の多いメーリングリストのアドレスのメールを束ねてひとつにする機能があります。, また、Heyはメールの件名を自分用に書き換える機能も持っており、わかりにくいメールを整理するときに効果を発揮します。, Heyのもう一つの独特な機能として、メールの添付ファイルをGoogleドライブのように一覧表示させることができます。, 添付ファイルをメールのなかに探しにいくのではなく、メールとの関係を維持したまま添付ファイルだけを並べるという発想です。, また、メールの容量制限を越える添付ファイルはHeyの内部リンクに変換され、クリックでダウンロードする形式に自動的に置き換わる仕組みです。, Heyでは異なる利用のされかたをする場所は別のUIにする思想が繰り返し登場していますが、それが触れたときの新鮮さと、利用の簡単さにつながっているのです。, このように、Hey はメールが届いた瞬間からいくつかの想定でメールを自動的に整理しており、そのおかげで少ない操作であっという間にメールの整理ができます。また人とのやりとりと、娯楽として読む場所を分けることでメールを読む楽しみを生み出しているところも注目に値します。, ただし、最初にも述べたとおり、このサービスは一般的なIMAP/POPメールクライアントではありません。ユーザーは新しくつくった @hey.com のアドレスを使うことが求められます。, Gmailなどからメールを転送して利用することは可能ですが、送信アドレスは当面 @hey.com のアドレスからになります。独自ドメイン対応は今年中にリリースできそうとのことですが、追加の有料プランになりそうです。, 現時点で月額払いのプランはなく、一年単位 $99 のプランしか存在しません。ただし一度でも課金すればそのアドレスは(その後課金をやめたとしても)永久に利用可能となります(これとは別に、2文字アドレスを$999で手に入れるプランも存在します)。, Gmailは無料で使えますが、それはプライバシーを犠牲にしているからだと Hey の開発者は主張します。, Heyは有料である代わりにプライバシーを尊重し、開封確認技術などを含む監視を一切排除するとしています。実際、使い始めてみるといままで意識していなかった開封確認がされているケースがたくさんひっかかって、なるほどと思いました。, 一方、少し気になるのは Heyではメールの削除があえて面倒になっていて、100GBの容量制限に意外に早く到達するのではないかが心配です。, とてもおもしろいメール管理方法の可能性をみせてくれているHeyですが、やはりこの独自ドメインが使えない制限がネックになりそうです。また、まだ実装されていない機能もところどころ存在しますので、多機能を期待して利用すると不満を感じてしまうかもしれません。, しかし、いまメールのデファクトスタンダードはGmailであるものの、それがいつまでも続くとは限りません。また、メール自体がSlackやメッセンジャーのような、ほかのメッセージサービスとの関係のなかで変化してゆく未来もそこまできています。, Heyがみせてくれる未来を最前列で体験したいというひとには良いかもしれませんが、まだまだマス向けではないと言えるかもしれません。この未来に期待してみたいひとは、アドレスの確保もかねて使ってみるのもいいかもしれません。, ところで Hey については iOS アプリをリリースする際に、有料のメールサービスを提供するならアプリ内課金を使用することを求めているAppleとのあいだでひと悶着あったことも大きく報じられました。, Basecamp’s protest of Apple’s policies is already benefiting other developers | Verges, WWDC期間中に開発者との関係をこじらせたくないAppleの思惑もあったためか、ひとまずこの騒動はAppleがゆずった形になっていますが、これもまたいままでの開発者とAppleのようなプラットフォーム提供者との関係の変化をうらなうできごとになるのではないかと注目されています。. It isn't supposed to be instant message box? Granted he probably has to be to fight the largest company in the world with 50 people. Their thinking is probably let's see how popular it is before offering custom domains which are typically for businesses (or techies). And today we get to show the world what we’ve been working on. "Important+Inbox" = Imbox. HEY push notifications are off by default so your phone doesn’t steal your attention every time an inconsequential email hits your Imbox. If you don’t start the thread, you're often stuck with other people’s generic, non-descriptive email subjects. This way the stuff you’ve seen never gets in the way of the stuff you haven’t. Mailbox did most of these features 5-7 years ago. These are our favorites: You screen your calls, so why can't you screen your emails? It’s an intentional spelling, and is designed as an inversion of an email inbox. In many cases, "innovation" (except at the protocol level) has made things worse. It's just annoying. I love the name Imbox because it reminds me of Cheems, my favorite character from Doge lore. Inbound emails a Hey user has consented to are then triaged into different trays — with a central “imbox” (“im” standing for important) containing only the comms the user specifies as important to them; while newsletters are intended to live a News Feed style tray, called The Feed, (where they’re automatically displayed partially opened for easy casual reading); and email receipts are stacked in a for-reference ‘Paper Trail’ inbox view. While custom domains are not available at launch, Heinemeier Hansson noted they are coming “later this year”. Why do consumers apps not need IAP but business apps do? I get it. This is pretty straightforward IMAP. Your Imbox is automatically organized into two groupings. They are not in competition with people running mutt and a bunch of custom scripts, it's more of an alternative for people using Gmail with Gmail apps currently and don't even know what's IMAP. But I also don't like their UI and their "Imbox" marketing nonsense. Changing my cool and fancy "Imbox" to "Inbox" because I didn't care to test with users in 3...2...1.. Is email actually an urgent problem for people? His commentary coupled with the overall marketing message for this service has made it appear slightly elitist and self-congratulatory but I dont really mind that since a lot of tech people are that way. > The unusual client UI is their main selling point. Apple does not allow you to put a higher price on iOS than other places. Not great for the consumer, but at least it would work. No feature is worth the hassle of getting everyone to update my email address. How would you whitelist things in your regular IMAP client? All rights reserved. They’ve managed to be at the center of attention for days just before WWDC. Is everyone just that dry and I'm the slow guy not getting that everyone gets it? Yeah it's goofy. Has anyone used this service, and why should someone ditch their current provider to use it? Switching email providers is horrific without it. Maybe this just didn't fit into the initial release? HEYの使い方 – 基本機能・特徴・用語 HEYには、これまでの既存のメールサービスにはない発想やアイデア・ソリューションが盛り込まれているので、まず最初にHEYの基本的な特徴や用語を順番に解説していきます。 Sorry, this website uses features that your browser doesn’t support. Yeah almost all my notifications come through apps. Not trying to put on a tinfoil hat but, there is simply no way in hell to get this level of PR and attention unless a significant portion of all Hey activities have been carefully and methodically planned for weeks and months. Keep doing that. In this video I break down the imbox feature. 許可したメールについて、Heyは3種類の山に分けて整理をします。 Imbox: 人とのアクティブなやりとりで、返事をしたりといったアクションをとらないといけないものは「ImBox」(Important Boxの略で、受信箱 “Inbox"をもじった造語)に It's like operating systems. With HEY, you can give them your special Speakeasy code. Need quick access to a phone number, a link, address, or confirmation number that's buried deep in an email thread? But that is an awful name that sounds like a toddler not getting their consonants right. See: learning spam from ham by dragging to/from the spam folder. They committed the cardinal sin of design - not keeping it simple. That's not IMAP job that is a service on top. I get it, it's not the same as a traditional "inbox," but why does that matter? I was thinking of checking Hey out, thanks for saving me the bother. Are you suggesting the drama with Apple was part of their marketing? I didn't mind most of the marketing, but FWIW I saw Jason Fried talk the first time in the hey walkthrough and I did find something insufferably smug about the way he spoke. So HEY has a separate, dedicated space where they can shine called The Feed. Apple is not doing anything illegal (future regulations might change that), nor anything horrible. "If you have to set up a domain to point to your help pages to explain why something isn't a typo, you're doing it wrong". In a perfect world, the government would force them to behave ethically. Some emails turn into lunches or calls or video conferences. The Screener lets you choose where to file emails from that person. They'll revert it to "Inbox" after they've milked all the free hype they're getting from people talking about "IMBOX". Also the issue is Apple's inconsistency. HEY puts you in complete control of who's allowed to email you. HEY is out and the main question everyone has is: why the hell did they call it "Imbox"? I rather like it. Absent that, Hey's stance here is the next best thing. That'd be down to the IMAP server to support, I suspect, but you could certainly have one that understood the logic - "if there's a message in Snoozed and it's older than X, move it to Inbox". No random receipts, no “I rarely read these” newsletters, and no special offers crowding out the stuff you really care about. Hey offers an ‘Imbox’ that is designed to only show you the important messages, and it filters less critical messages for you to work on later. You can also move individual emails or all emails from someone to the Imbox after the fact. The primary location is the Imbox. What makes you say that? I get it. They wanted to be clever. HEY is designed, built, and backed by Basecamp. With new products, humans need an anchor to familiar features in order to feel comfortable. It’s frustrating when a service floods your email with notifications. > But it's not clever. It matters because they need to make it very explicit to newcomers that this is not your normal inbox. It's so hard to focus! Right now, Basecamp is limiting sign ups to the free trial of Hey via a wait list plus invite system. This is vendor lock-in to their walled-garden. It just has to be enough of the trendiest new things people want. But Hey is a cool/popular new thing. I don't see how that meaningfully changes the metaphor? By default, clicking “yes” will land them in your Imbox. It’s a classic marketing strategy that has an extremely high success rate - making the prospect justify why they are a fit for you instead of the usual other way. At hand, but out of your face. Not the other way around. With HEY, you can unfollow any thread and replies won’t show up as new emails anymore. This will change in time. Project management software maker Basecamp has launched a feature-packed hosted email service, called Hey — which they tout as taking aim at the traditional chaos and clutter of the email inbox. I can accept the closed ecosystem, not being able to use open protocols. > How would you whitelist things in your regular IMAP client? Stuck on a mega email chain and want off? The marketing is too much. Any emails you send go down to the Previously Seen section at the bottom of the Imbox.

Michael Gardiner Real Estate, Stevie Wonder Best Lyrics, Dq11 What Does Hallelujah Do, Fantasea Company, Recent Trends In Recruitment Ppt, Accident On Kiawah Island,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *